石龕寺城

 

 石龕寺城縄張図(国土地理院の電子地形図250000)

f:id:temeraire1839:20190714192918j:plain

 

観応の擾乱足利尊氏が嫡子義詮等に陣取らせた、石龕寺の背後(北)標高約490mピークは岩戸山とされている。岩戸山は北に標高約548.6mの山頂を経て高見城山に通じている。岩戸山の山頂は中央部を削り残し西と東に狭小な削平地が作られている。東の削平地の根元にある巨石の西側に溝が掘られているが、これはこの巨石にワイヤーをかける為に掘られたもので城郭に関連したものではい、おそらく南にあった鉱山に関連するものと思います。この様に各地に鉱山に関連する様なものがあり判断に迷います。山頂の北から続く尾根には3(4)本の堀切が有りその間の尾根上で私が郭と判断できたのは2本目の手前の削平地で、北部には明確に切岸が確認でき北端には石積があります。北西角には虎口の様なものがあり堀切に向かって通路が降りています。この通路の下から西斜面にも石を積んだ形跡がありました。この削平地の南側の尾根が狭くなって西側が竪堀状に落ち込んでいますが確証が持てません、またここに意味不明の石積みがあります。3本目の堀切は石龕寺の奥ノ院に降る道が入り込んでいいるので確実に堀切かどうか迷います。山頂から南に30m下がった所にも郭と思われる削平地があり、北東の隅に竪堀が見られます。

 

一本目の堀切写真

f:id:temeraire1839:20190714205413j:plain

 

二本目の堀切写真

f:id:temeraire1839:20190714205827j:plain

 

二本目の堀切北の石積み写真

f:id:temeraire1839:20190714205951j:plain

 

 

二本目の堀切北の郭虎口?写真

f:id:temeraire1839:20190714214621j:plain

 

3本目の堀切写真

f:id:temeraire1839:20190714214911j:plain

 

遠景写真 山頂直下山肌が大きく削られているのが鉱山跡

f:id:temeraire1839:20190714215057j:plain

 

  • 参考文献

            ホームページ丹波霧の里

 

保々西城

 

主郭入り口写真

 f:id:temeraire1839:20190713181356j:plain

 

北部土塁写真

f:id:temeraire1839:20190713181532j:plain

 

せっかくの三連休だが雨の予報なので、遠出は諦めて以前から気になっていた四日市市の保々西城に行ってきました。現地は北勢中央公園里山地区と言う事なので期待しましたが、公園内の野球場のセンターバックネットの後ろから道が入っています、すぐにネットの情報通り未整備の藪山、特に主郭周辺は笹藪が激しくとても図面も書くこともできず早々と帰ってきました。保々西城の現状は冬枯れの時期でも図面は苦労するように思います。この時期の城歩きはやはり標高で300m以上で比高も100m以上にある尾根上の城を選べばけっこう歩くことができが、但し例外もあるので絶対でもない、例えば山梨県の御坂峠城は5~10月は笹が茂り、みとうしがきかず苦労します。

松茸尾城

松茸尾城縄張図(国土地理院の電子地形図25000)

f:id:temeraire1839:20190708201702p:plain

 用瀬町の千代川と佐治川の合流する古用瀬の集落背後(西)の標高272mのピークから北東に続く尾根上に松茸尾城はあります。272mのピークは巨石の露頭で郭では無いようです。その南は堀切で隔てて明確な切岸は見れれない平坦地があります。北側にも堀切で隔てられた平坦地(郭でよいと私は思います)が2か所あります。さらにその北は谷地形で隔てられたこの城最大の郭で、東を除いて腰郭がありさらに北東に一段あります。この郭から堀切を経て北に3段に分かれた郭があり上段の南西部に虎口、中段には西側に虎口が見られ、東側には土塁が残っています。中段の虎口を出ると西から北に削平地となっており、その北斜面には三本の竪堀があります。松茸尾城の現状は写真を撮るのもままならない藪山で当然登山道もはっきりしません、他にも遺構があるかもしれませんが尾根上を南トンネルの上付近までに歩きましたが遺構を見出すことができませんでした。

 

北端の郭写真

f:id:temeraire1839:20190708223113j:plain

 

北端の郭土塁f:id:temeraire1839:20190708223220j:plain

 

  • 参考文献

    ありません

 

 

狗尸那城

狗尸那城縄張図(国土地理院の電子地形図25000)

f:id:temeraire1839:20190703174551j:plain


 ブログ、2016年4月10日小畑高尾城、2018年9月23日荒神山城、2018年10月8日飛田砦などがある鹿野の北の谷の鷲峯集落の東の標高352mの尾根のピークに狗尸那城はあります。最上段の約30m四方の郭から北西に向かって数段の削平地が見られその下に横堀が掘られています。この横堀からは竪堀が降りており北西斜面から攻め上がってこられる警戒している様に見えます。横堀から西に張り出した郭には石積みで補強した虎口と思われ所があります。鹿野周辺にはいくつかの城郭遺構がありますが、この 狗尸那城は他の城とは異なる様に私は思います。

 

 最上段郭北より写真

f:id:temeraire1839:20190630102840j:plain

 

最上段郭より北西方向写真

f:id:temeraire1839:20190630102910j:plain

 

北西斜面空堀・竪堀写真

f:id:temeraire1839:20190630103342j:plain

f:id:temeraire1839:20190630103410j:plain

f:id:temeraire1839:20190630103445j:plain

f:id:temeraire1839:20190630103513j:plain

f:id:temeraire1839:20190630103541j:plain

f:id:temeraire1839:20190630103619j:plain

f:id:temeraire1839:20190630103701j:plain

f:id:temeraire1839:20190630103730j:plain

 

北西斜面北より写真

f:id:temeraire1839:20190630103756j:plain

 

北東郭虎口写真

f:id:temeraire1839:20190630103824j:plain

   

  • -参考文献

   鳥取県教育委員会
    鳥取県中世城館分布調査報告書 因幡

 

 

ブラタモリ阿蘇

信州峠の防塁(土塁)写真

f:id:temeraire1839:20190629221750j:plain

2016年5月4日ブログ信州峠の防塁、2017年10月9日ブログ笠岡市の土塁の様な各地でみられる正体がよく分からない土塁遺構が有るが、これに関して今日のNHKブラタモリ阿蘇は非常に興味深い内容でした、阿蘇の外輪山には、田に漉き込む草を取る草刈り場の境界の為土塁を作っており、土塁は画面で見る限り高さ1メートル前後で外輪山全体で総延長500kmに及ぶそうです。土塁の形も、笠岡や山梨県の信州峠で見たような形で、根元には土を取るための溝がありました。各地の土塁の正体が阿蘇の場合と同じとは考えませんが、考えさせられるものでした。

段の城調査報告書

f:id:temeraire1839:20190628185747j:plain

6月16日のブログ「段の城上」のNTT中継局建設に関わる立派な発掘調査報告書が出ているのを見つけました。中町教育委員会発行「段の城遺跡」内容を見ると谷側(北)は盛り土で郭面を広げている、南縁には現在痕跡でしかない土塁があつたこと、驚いたのは礎石建物が検出されておりその建物は板葺でそれに使用した釘が多数出ていました。備前丹波焼きや中国製磁器などかなり出ており、あの様な険しい山上に生活痕跡があった事には驚きです。

大河城

大河城縄張図(国土地理院の電子地形図25000)

f:id:temeraire1839:20190623191336j:plain

f:id:temeraire1839:20190623192412p:plain

丹波竜の発掘で有名になった篠山川が流れる山南町谷川の谷の西はし付近、右岸の大河集落背後の標高約260m(比高160m,225.9m三角点は山頂より下がったところのピークにあります)の山頂部と、標高約170mの尾根の張出の2か所に城郭遺構が見られます。兵庫県の遺跡地図には下の部分については記載がありますが、山頂部分はホームページ丹波霧の里の管理者である天々宇知栗さんが大河城として報告されています。上の城は数段の明確でない区画があります。西側には切岸が明確に残っています。北の切岸には土留めと思われる石積みが見れます。この下北側に約30mを下ると鞍部がありますが堀切の様なものは見られませんでした。下の城は最高部から西は不明確な2段と東側は2m程度の切岸が3段に分かれています。北側には2~3mに切岸がありその縁には不明確ながら土塁が見られます。この城で特徴的なものは切岸の東西の端付近に3m程度の張出がありこの様な張出は丹波では見ないものです。この谷は久下氏関連の城が多くありますが、大河城の城主は山内氏で瑞穂町の三宮城とこの地に分かれて住み着いたの旨の話を麓のお宅に方に聞く事が出来ました。

 

山頂郭写真

f:id:temeraire1839:20190623232245j:plain

 

山頂北切岸石積写真

f:id:temeraire1839:20190623232403j:plain

 

下の城東部郭写真

f:id:temeraire1839:20190623232720j:plain

 

下の城北西張出写真

f:id:temeraire1839:20190623233055j:plain

 

下の城北東張出写真

f:id:temeraire1839:20190623232528j:plain

 

下の城東堀切写真

f:id:temeraire1839:20190623232914j:plain

 

下の城北切岸写真

f:id:temeraire1839:20190623233157j:plain

 

 遠望写真

f:id:temeraire1839:20190623232143j:plain

 

  • 参考文献

   ホームページ丹波霧の里